スポーツ

【甲子園】満塁ホームラン2本は史上初!『盛岡大付属×済美』名勝負の動画は?

投稿日:

高校野球歴史は102年にもなり過去幾度となく名勝負を繰り広げ甲子園には魔物が住むとまで言われ続けています。テレビの向こう側でもをするシーンは真剣勝負だからこそ起こる筋書きの無いドラマで感動するからこそ皆が頑張る高校球児たちを応援する訳です。そんな甲子園の歴史の中で史上初となる1試合2本の満塁ホームランが出ました。いったい打った選手は誰なんでしょうか?さっそく動画で振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク

1試合で満塁ホームランが2本

またもや甲子園の長い歴史に新しいドラマが刻まれました!

感動の瞬間が生まれたのは2017年8月19日(大会11日目)の盛岡大付属(岩手)と済美(愛媛)対決で5回の両者の攻防です。

済美がリードする展開の中で5回表にタイムリーヒットで追い付いた盛岡大附属高校は更にランナーを貯め満塁にし勝ち越しの逆転満塁ホームランで6-2とリードします。

このまま盛岡大附属高校の優勢のまま試合が進むと思われた済美が5回裏にすぐに反撃に出ます。

ヒットとフォアボールやエラーが絡み同じく満塁の場面で同点となる同点満塁ホームランが出ました。

ピンチの後にチャンス有りと言った所でしょうか?

球場も大盛り上がりした様子で白熱した試合はお互い譲らず結局延長戦末『盛岡大付属高校』が勝利しています。

スポンサードリンク

ホームランを打った選手は誰?

歴史に名を残す名勝負の立役者となった高校生はいったい誰なんでしょうか?

今回満塁ホームランを放ったのはこちらの2名です。

『盛岡大附属高校』小林由伸選手

『済美高校』吉岡秀太朗選手

きっと語り継がれるであろう選手の名前をしっかり覚えて置きましょうね。

近々プロでも活躍するかも知れません!

でも実は影でこの試合でもっと大きな貢献をした選手がいました。

その選手とは『盛岡大附属高校』の植田拓選手です。

満塁ホームランがピックアップされる試合でしたが1点ビハインドの9回表『盛岡大附属高校』を救ったのは植田選手のホームランです。

更に植田選手は10回表にも2打席連続となるホームランで勝利に貢献していたんです。

先が楽しみな高校球児が本当に多いですね。

まとめ

という事で今回史上初の2本の満塁ホームランが出た『盛岡大付属高校』と『済美高校』の試合を振り返ってみました。

リアルタイムでこんなに面白いんだからやっぱり高校野球って良いですね。

それにしても今回の大会はホームランが多く投手にとっては少しばかり悩ましい大会ですね。

しかし大物打者の誕生を予感させる素晴らしい大会である事は間違い無さそうです。

以上参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© 仕事と趣味で後悔しない30代サラリーマンへ‼︎ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.