エンタメ スポーツ

ネイマールに懲役2年⁉︎バルセロナが抱える金銭問題とは?

投稿日:

世界的スーパースターに衝撃的なニュースが飛び込んできた。サッカーブラジル代表の10番でもあるエースストライカーのネイマールが懲役二年の実刑判決が下された。

スポンサードリンク



同姓同名?本物なの?って思いますよね。
残念ながら現在スペインのビッグクラブに所属するネイマールで間違いないそうです。

気になる詳細と罰金は?

ネイマール バルセロナ 画像

出典:Wikipedia
どうやら2013年の5月に当時所属していたクラブチームであるサントス(ブラジル)からバルセロナ(スペイン)に移籍する際に発生した移籍金に申告漏れがあった為、詐欺行為として見なされてしまった様です。
移籍金は実際8300万ユーロ(約98億円)であったが5700万ユーロ(約67億3000万)と申告されていたとの事です。
やっぱり世界的スーパースターになると桁が違いますね。
また、その金額を躊躇なく支払うバルセロナも凄いんですけど。
今回は懲役2年と罰金1000万ユーロ(11億8000万)が求刑されました。
尚、バルセロナの元会長サンドロ・ロセイ氏へも懲役5年と840万ユーロ(約10億円)を要求していると事で今後の報道にも注目が集まっています。

スポンサードリンク



懲役2年の実刑って刑務所に入るの?

実はスペインの法律は日本と違っていて懲役が確定しても2年以下であれば執行が先送りにされるケースが多々あるそうです。
これによりネイマールが刑務所に収監される事は現実的では無いんです。
残念なニュースですがネイマールのプレーが見れなくなる訳では無いそうなのでファンとしては一安心ですね。

過去にはチームメイトも?

今年の始め1月にもハビエル・マスチェラーノが脱税の疑いで懲役1年と罰金81万5000ユーロ(約1億300万円)の判決されていました。

マスチェラーノ 画像

出典:Wikipedia

その後、収監を避けるために150万ユーロ(約2億円)と利息金20万ユーロ(約2560万円)を既に支払い回避となっています。
実は2016年の7月にバロンドール過去最多の5度獲得しているリオネルメッシも420万ユーロ(約5億円)の脱税容疑で懲役21ヶ月と判決され話題になっていました。

リオネル・メッシ 画像

出典:Wikipedia

バロンドールに関する記事はこちらをどうぞ
2016年のバロンドール受賞は誰?歴代の受賞者を振り返ろう!

結局は修正申告として500万ユーロを(約5億5000万円)を支払っているとの事で回避する事が出来ましたが又しても世界的スーパースターが金銭問題で失態をさらしてしまう結果となった。

どうして起こるスポーツ選手の金銭トラブル

今回バルセロナから相次いで起こっている金銭トラブルは選手個人よりも管理に問題がありそうだ。

メッシに至っては弁護人を通じて契約書にはサインをしたが内容は見ていないとコメントするほどです。

一流プレイヤーには少々酷かもしれないが再度管理部分を早急に見直す必要がある。

もうこれ以上の金銭トラブルは応援するファンとしても心が痛いのである。

選手はピッチ上で観客を魅了するプレーを続けそれを確りとサポートするファン、内面的に管理する体制を構築していって欲しいと思う。

 

以上参考になりましたか?

スポンサードリンク



-エンタメ, スポーツ

Copyright© 仕事と趣味で後悔しない30代サラリーマンへ‼︎ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.