ビジネス

正直者は出世出来ない?出世のコツを掴む方法

投稿日:2016年10月7日 更新日:

会社の組織にはピラミッド型の職位があり基本「トップダウン」と「ボトムアップ」呼ばれる経営方式がほとんどを占めます。このシステムを上手く利用すればライバル達よりも早く出世する事が出来るんです。

スポンサードリンク



トップダウンとは?
会長や社長などの意見を現場で忠実に採用し管理していく方法。
指示に従う事が一番に評価され、あまり頭を使う必要がない社員が評価される事が多い。とにかく行動力が必要。
ボトムアップとは?
現場での声が尊重され下層部の人が提案し上層部が管理して行く方法。とにかく提案力、分析力が求められ一人一人が経営者としての感覚を研ぎ澄ませる環境が必要。
とにかく組織の中で良い意味でも悪い意味でも出世するには目立つ必要があります。
しかしこの目立つというのは見た目では無くアピール力です。
出世には「目立つ=アピール」となる為、上司からも目に留まりやすい存在になります。
image
どうやって目立つ存在になるか?
「目立つ=アピール」と言っても様々な手法があります。
上記で紹介したトップダウンとボトムアップの組織では意味合いが変わってきてしまうので注意して行きましょう。

トップダウン組織の中で目立つ方法
トップダウンの中では上司に評価される事が最大のアピールです。
①振られた仕事は即刻こなす
②上司の言う事に対してメモを取る
③必ず質問する
概ねこの3点を行う事である程度の評価を受ける事が出来ます。特に入社一年目であれば意識が高いと思われますね。
こう言った基礎的な行為は、後々に部下育成の立場でも必要となって来ますので早い段階から実践する事で身に付いてきます。

スポンサードリンク



ボトムアップ組織の中で目立つ方法
ボトムアップの場合は意見や提案が評価の対象となります。
①具体的な改善案がある
②アウェアネス能力が高い
③先を読む力がある
ある程度の経験値が必要とされるケースが多い多いのですが基本的には効率を上げる作業が必要と考えます。
特にアウェアネスというのは普段から変化に気付いたりする事で鍛えられていきます。例えば髪型や香水の変化だったり、コンビニのお弁当のオカズがいつもと違っていたりなど注意力が必要とされます。
image

良くも悪くも行動力が全て

結局最後の決め手は自身の行動力です。
出世する為の努力をするのかしないかで時期が変わってしまいますので少しでもやる気や向上心がある内に出世して行きましょう。

出世する人の特徴としては「忍耐力がある」「聞く事が上手」と言った傾向が強いです。
忍耐力とは出世して上司になった時に必ず必要な事ですね。
失敗ばかりする部下を見捨てずに一緒になって考えてあげる事も時には必要とします。何も言わない事は楽ですが間違いを指摘し続ける事が上司の役割となります。
そして部下の意見にも耳を傾ける事も必要です。
人の話を聞くというのは簡単そうでとても難しい。聞く事が上手くなれば自然と話す事も上手くなります。部下から教わる事も沢山あるのです。

まとめ

入社1年目のフレッシュな新人さんにはとても耳の痛い記事になりそうですがビジネスマンとして出世するというのはそれぞれの会社や組織で方法や手段が変わってきます。きちんと御社がどういった会社なのかを知りましょう。
自身の存在をアピールし私はこんな事をして頑張ってますとハッキリ言った者が認められます。
出世する事で責任という重圧が大きくなりますが損する事は有りませんので限界まで挑戦してみて下さい。

スポンサードリンク



-ビジネス

Copyright© 仕事と趣味で後悔しない30代サラリーマンへ‼︎ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.